背中から見た筋膜の流れ

みなさんこんにちは、新宿、横浜で活動しているバレエトレーニングディレクターの猪野です。

 

背中が落ちる、ルルベが低い、膝を押し込んで立つ、これらの悩みは身体の後ろ側で起こる問題です。そんな時にポイントの1つが私がよく見るのが背中にある筋膜の流れです。表層にある後ろのラインです。

 

 

詳しく見ていくと、足の裏の表面から、ふくらはぎ、ハムストリング、お尻、脊柱起立筋、首、頭を通り過ぎて目の上まで来ているラインです。

ふくらはぎが固いなと思う時、このラインの他の部位もかなり影響を受けます。なので、実は背中も一緒に張っていたりして、そこをほぐしてみると、いつの間にかふくらはぎの張りも軽くなっていたりすることもあります。

 

バレエをしている方はスプリッツなどでハムストリング(腿裏)を伸ばすのが多い方が結構な割合を占めると思いますが、本当にハムストリングを伸ばしたいのであればふくらはぎ、お尻、背中は無視しないことをオススメします。

 

なぜなら固い部分がお互いに引っ張り合ってストレッチの効率を下げてしまうからです。

 

簡単な方法だと、ローラーなどを使って足裏、ふくらはぎから上に向かって、コロコロして背中までをほぐしていくと(首は手などでマッサージ)固いと思う1箇所をただほぐすより緩みやすくなります。ストレッチなどはその後の方が無理なく伸びやすいと思います。

 

背中の固さなどでどうにも柔らかくならないとかも、固いところばかりでなく脚やお尻もチェックしてみましょう。

 

体幹トレーニング等でお腹がうまく感じられないという人もこのバックラインを1度チェックしてみましょう。後ろ側が固すぎると前側の筋トレを邪魔して来ます。

 

鍛えたい所や柔らかくしたい所だけでなく、身体を繋がりで感じられるとまた一つ違った上達を得られると思いますよ。

 

 

2月25日に引き上げのワークショップを行います。午前10時より90分の予定です。

限定4名で料金は5000円です。お問い合わせ、などから直接お申込みください。

【随時更新】2月ワークショップ情報

大人の為のバレエを応援するため、トレーナー、整体師、教師が手を組んで解決するサロンを作りました。無料でも参加出来ますので興味がある方はぜひ覗いてみてください。

興味がある方はこちら

  • PICKUP!
    動画講座を開講しました!

    大人のバレリーナの悩みを解決する動画講座が始まりました。
    是非ご覧ください。

  • 無料動画を配信中

    先日開催された「解剖学を生かす極意と鍛錬」の動画が配信されています。
    なんと無料!! 是非どうぞ 。

  • ABOUT

    猪野 恵司 -Keiji Ino-

    バレエトレーニングディレクター
    プロフィール詳細

    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で機能解剖学を学ぶ。
    大学卒業と同時にサクラメントバレエ団でプロダンサーとして活躍。退団後はバレエ専門のパーソナルトレーナーとして活動している。