カエル脚はあぶないよ

こんにちは、新宿、横浜で活動しているバレエトレーニングディレクターの猪野です。

 

ターンアウトの為のエクササイズというのは色々な種類がインターネットにも広まっておりますが、モノによってはメリットよりもデメリットが大きくなるものがあったりします。

 

その1つとして挙げられるのがカエル脚のエクササイズです。割と昔からやられているようなエクササイズではありますが、これをあまり股関節の硬い人にやってしまうと怪我につながる恐れがあります。

解剖学に股関節を見てみると

股関節というのは見てみると後ろ側の溝が深く前側の溝が浅くなって出来ています。

そのままでは抜けてしまうので、靭帯で関節を安定させるわけなのですが、前側の溝が浅い分、靭帯は前側にたくさん付いているのです。

 

ターンアウトの動きはその前側の靭帯を伸ばすようにしないといけないので、多くの場合ターンアウトをする方が人間には難しいのです。

解剖学を踏まえてカエル脚をみると

それはそれとして、その柔軟性を獲得する為のエクササイズとしてカエル脚が存在するわけなのですが、問題となるのは股関節を開く方向性です。

 

カエル脚のエクササイズはターンアウトの為に股関節を回すというよりも、前に押し出すような力のかかり方をしてしまいます。

 

こうすると、股関節の前の靭帯を伸ばすことよりも股関節が外れるような方向で力をかけてしまうのです。

 

ターンアウトが開くようになる前に股関節が壊れかねないので、私はカエル脚のエクササイズをお勧めしていません。

カエル脚で酷いことになった人の話

私がアメリカの大学時代にインターンシップでお世話になっていたフィットネスジムの主任さんがおりまして、その人がカエル脚のエクササイズによるデメリットの極致を体験していたのでご紹介します。

 

その主任さんはバレエではなくキックボクサーだったのですが、股関節の硬さからハイキックが当時苦手だったそうです。

 

そこでトレーナーから仰向けのカエル脚の状態になるように言われ、その体勢を取りました。すると、そのトレーナーがカエル脚をしている膝に飛び降りてきたそうです

 

当然股関節がバキッといって主任さんは痛みで気絶したそうです。本当です。

 

その後、しばらくしてバキッとした痛みが引いてくると、びっくりすることに股関節が動くようになりハイキックが楽に出せるようになったそうです。そして、めでたしで終わるはずもなく悪夢はここからです。

 

ある時、ボクサーとして試合に疲れてきた主任さんは少し休みを取ることにしました。1ヶ月も休むと少し股関節が痛くなってきましたが、運動不足かなと特に気を止めてなかったそうです。

 

そして、3ヶ月くらいが過ぎたくらいから主任さんは股関節の痛みでまともに歩くことが出来なくなりました。そして、さらに症状が悪化してベッドから起きることも出来なくなりました

 

なんとか病院で検査ををしてもらうと(アメリカは医療費がめちゃくちゃ高いです)股関節の靭帯が断裂していると診察されました。まぁ当然ですよね。

 

ボクサーの時代は強靭な筋肉で股関節を支えていた主任さんは靭帯が切れているなんて思わずに休んでしまい、股関節を支える筋肉を衰えさせてしまったのです。歩けなくなってからリハビリを始めて3年ほどで何とか軽い運動が出来るまでになったそうです。

 

その運動が出来るようになった当時でも内腿を鍛えるマシンなどは最低の負荷の1つ上では股関節が外れそうになる感覚があると言っていました。歩いている姿も何だか不自然だったのですが、そのようなバックグラウンド事情があったわけなのです。

 

バレエでも同じ事になりかねない

今回紹介したらお話はデメリットの端の方にまで突き抜けている感じがしますが、程度の差こそあれ無理にカエル脚で膝に乗ったりとかは、本当にやめた方がいいです。バレエを踊らなくなった後も人生は続くのですよ?

 

ディズニーランドにすら股関節が痛くて行くどころじゃなくなりますからね!

 

とりあえず、カエル脚はやめて他のエクササイズをしましょう。ターンアウトのエクササイズも色々ありますけど、それがわからなくても体幹とか鍛える場所はたくさんありますよ。

 

エクササイズは踊りをやりやすくする為のものです。間違ってもそれで怪我なんかしないでくださいね。

 

今月のオンラインミーティングもNHKスペシャルにも出演されていた大前隊長が参加されます!!

次回有料会員の募集から会員費の値上げをすることになりました。ただし!早期お申込み頂けると据え置きでご利用いただけます!

大人の為のバレエを応援するため、トレーナー、整体師、教師が手を組んで解決するサロンを作りました。無料でも参加出来ますので興味がある方はぜひ覗いてみてください。

2月21日(水)に無料のオンラインミーティングがありました。今回はパラリンピックで踊りを披露してくれた大前隊長をゲストにお迎えしました。大盛況で終了しました。彼もまた身体にハンディを背負ったダンサーです。彼から学べることは大人バレリーナにも通じるはずです。またこのような機会を作りたいと思いますのでぜひ一度チェックしてみてください。

興味がある方はこちら

 

 

来月は3月25日に引き上げのワークショップを行います。14時より90分の予定です。

限定4名で料金は5000円です。現在キャンセル待ちになっております。

お問い合わせ、などから直接お申込みください。

 

  • PICKUP!
    動画講座を開講しました!

    大人のバレリーナの悩みを解決する動画講座が始まりました。
    是非ご覧ください。

  • 無料動画を配信中

    先日開催された「解剖学を生かす極意と鍛錬」の動画が配信されています。
    なんと無料!! 是非どうぞ 。

  • ABOUT

    猪野 恵司 -Keiji Ino-

    バレエトレーニングディレクター
    プロフィール詳細

    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で機能解剖学を学ぶ。
    大学卒業と同時にサクラメントバレエ団でプロダンサーとして活躍。退団後はバレエ専門のパーソナルトレーナーとして活動している。